事業をつなぐ大切さ

2017年版中小企業白書によると、過去20年間で経営者年齢の山が47歳から66歳へ移動しています。

この現象は、多くの「中小企業」が、事業承継の時期にさしかかっていることを示しています。

事業承継は、どの企業であっても必ず訪れる“経営課題”です。充分な準備期間を経て、満を持しての事業承継をオススメしています。

436fda08

 

企業経営者として、さまざまな試練と努力の積み重ねによって運営してきた会社を次世代にバトンタッチすることは上手くスムーズに進めたいものです。後継者対策は早く取り組むことによってさまざまなトラブルを回避し、問題を解決することができます。

ご相談の中には、先代がなくなっていざ事業を継いだ時に、事業に従事されてこなかったご親族との間に相続ならぬ争族問題が発生してしまったというお話をお聞きすることもあります。
そうなる前に打てる対策を!と思い、今年度は事業承継に力を入れてまいります。

そこで今回、6月から11月にかけて、6回シリーズで「承継された方の体験談」・「経営」・「税務」・「法律」・「自社株対策」・「M&A」・「実際に事業承継を体験された経営者を交えたパネルディスカッション」の総合的なカリキュラムを組んで「経営者が安心して後継者に事業を託す」ことを目的としたセミナーを開催いたします。
第1回は6月12日 ここでしか聞けない経営者秘話と題し、刈谷市のトータルプレスカンパニーの株式会社タケダ取締役 武田昭俊 氏をお招きし、お話していただきます。
http://www.okazakicci.or.jp/kosyu/syokei1.pdf

連続6回コースですが、ご興味あるカリキュラムのみ単発でご参加もいただけますので、是非この機会にご受講くださるようご案内いたします。

http://www.okazakicci.or.jp/kosyu/syokei0.pdf