おひとりおひとりと真剣に向き合いたい!

おはようございます。 岡女レンジャースマイル6です。

私たちにとっては何千人、1万数千人のお一人だとしても、お客様にとって私たちはたった一人の存在で、信頼してご相談くださいます。そのお気持ちを大切に受け止めていたい。

傘寿から5年ほどお年を重ねられた美容師さんと長いことお付き合いしています。

先日、お店にお伺いした時にこんなお話をされました。
「先週ね、室内でつまづいて額を打ったの。ひどかったみたいで、少し切れて、たんこぶができちゃった。もう、だめね。お店やめるわ。」とのこと。
お一人暮らしなので、不安やら心配やらで心細くなってしまわれたのでしょう。

残念ではありますが、それも人生のご選択、ご本人のご意志を尊重しなくてはと思い、「長いこと頑張ってやって見えたんですから、それもいいかもしれませんね」とお答えしました。

その3日後、お渡しする書類があったので、お伺いする日を約束するために電話をしたら、
「やっぱり今年1年続けてみるわ。お客さんが来るか来ないなわからないけど、お店を開いておきたいの。だって、生きがいなんだもの。」

いつまでもお付き合いしますよ。ご安心くださいませ。