少しずつ形になってきたホームページ。

おはようございます。 岡女レンジャースマイル6です。

以前ご紹介しました会員企業の 居酒屋 なみ音(なみね)さん

コツコツとHPをつくってまいりましたが、
少しずつ形になってきました。

コチラ

 創業から6年経過し、お客様を楽しませる工夫を始めました。

もともと、

普段はおひとり様もお気軽に楽しめる静かな居酒屋です。

が、

12月だけ、小さな宴会の予約ができます。

魚のコースですが、仕入れの状況により、大将のお任せで

鍋・しゃぶしゃぶをお楽しみいただけます。

多くの方に当店を知っていただきたい、という想いでSNSにも挑戦しています。

例えば、

グーグルビジネスを始めたので、グーグルで「居酒屋なみ音 岡崎市」と検索すると出てきます。

フェイスブック

インスタ

です。

打合せをしながらHPを作っていきました。
撮りためたお写真を見ながら、どの画像を使っていこうかと相談していたところ、、、

こんなおいしそうなお写真が

c7b7c49c

「え、これは何という名前のお料理なんですか?」

「ああ、これ?コウバコガニだよ。」

「???コ、ウ、バ、コ?  どういう字を書くんですか?」

「香る箱と書くんだよ、北陸ではよく食べられるカニだよ。これを食べにわざわざ北陸まで行く人いるし。」

さも、普通そうにおっしゃるので、びっくりしました。
始めてみましたよ、こんな素敵な芸術的なお料理は!

写真は“香箱(こうばこ)カニのおでん” です。

カニを剥いて食べやすく形を整えたものです。

客の立場から言えば、甲羅のあるものは美味しいとわかっていてもなかなか食べづらいものです。
それが食べやすく整っていると、注文したくなりますね。

以前、ワタリガニを茹でて丸ごとお出ししていましたが、
お客様がなかなか手を伸ばされない。
「旨いのになんでだろ?」と思っていたところ、
どうも食べづらいために控えているということが分かったので、
それからは、甲羅を剥いて食べやすく整えてお出しすることにしました。
お客様の手が伸びたのは言うまでもありません。
そういうことだったのね。と納得されたそうです。

12月2日からは大分県の国東(くにさき)半島の養殖牡蛎が手に入ります。岡崎市内でこれが食べられるのは当店だけです!

皆様のお越しを楽しみにお待ちしております。