メニュー

「antabe」で、あんこの幸せをご一緒に。

おはようございます。 岡女レンジャースマイル6 ブルー松岡です。

日向と日かげの温度差に秋を感じる今日この頃、

この日伺ったのは、岡崎市伝馬通りで大正時代から和菓子店を営む小野玉川堂さん。

ちょうど地元小学校の校外授業を受け入れてみえる時間で、

学習ノートを片手にカワイイ生徒さんが、班を成して、わんさかお店を訪問していました。

(学校を出て受ける授業は、特別うれしい時間だった、とほんのり思い出しました。)

ところで、

和菓子を目の前にして、

聞きたくなるのが、

「こしあん派? つぶあん派?」

この問答も、最近の子ども達は、

和菓子を食べる機会が少なくなったこともあり、

話が通じないこともあるとか…。

そこで、「子供に和菓子を」をテーマに

新ブランド「antabe(あんたべ)」を立ち上げ、

子ども達にも「餡(あん)」の世界を広げる和菓子づくりをしています。

こちらは、「あーん、プリン」。(下写真)

プリンのカラメル部分が、つぶあん・こしあん・栗あんになった

新感覚プリン。

滑らかプリンと、餡の優しい甘さがベストマッチ。

わが家のキッズたちにも大好評です。
fcdec7e5

小野玉川堂さんの餡の美味しさの秘密は、

その「焚き方」。
粒餡と羊羹は、薪を使った「くど」で焚いています。
薪の火は、全体を包むように加熱するため、
やわらかなすっきりとした甘みの餡に仕上がるそうです。

次世代にも『和菓子』の美味しさと素晴らしさを伝えるために、

新商品の開発や高校生とのコラボ商品なども積極的に行ってみえます。

春夏秋冬の季節の瞬間を切り取った和菓子は、

老舗和菓子店の技が光ります。

ぜひお店へ足をお運びください。

~・~・~・~・~・~・~・~
小野玉川堂

愛知県岡崎市伝馬通4丁目3番地
電話番号(0564)22-0412

ホームページ https://onotamagawado.com/

 

—————————————————–
経営に関することなら岡崎商工会議所へ。