メニュー

ものづくりコーディネータ、岡崎商業高校で講師になる。

おはようございます。 岡女レンジャースマイル6兼ものづくり担当スタッフです。

今年の7月頃、岡崎商業高等学校の先生が、

学校のカリキュラムとして〝岡崎学〟という授業を来年度から本格稼働するにあたり、

今年度はその下調べとして、大学のゼミのような少人数グループで勉強会をしているとのこと。

2学期は岡崎市周辺地域のものづくりについて調べていきたいけれど、何か良い手はないですか?とのお話をいただきました。

そこで、ものづくりコーディネータの出動となったわけです。

2学期に3日講義を実施します(た)。

まずは、10月13日(水)に近藤正恒ものづくりコーディネーターが登場し、
「日本の自動車産業の現状とそのものづくり」についてご説明いただきました。

2fbd7e49

はじめに
各社メーカー別の生産台数など、統計データに基づき、自動車の出荷額についてお話されました。

続いて、動画で自動車の生産工程を見てもらいました。
近藤コーディネータのご専門であるちょっと難しい溶接技術についてもご紹介。

最後に、ものづくりの根底に流れる大切な理念についてじっくりとお話いただきました。
7caca838

生徒さんからは
「自分が調べて作成したレポートと照らし合わせながら話を聞くことができました。」
「私は来年自動車関係の会社に就職するので、自動車産業について詳しく調べたり、話を聞く機会がありとても良い経験でした。」
などのご感想をいただきました。

5188a245

次回は
11月17日に森ものづくりコーディネータが

12月15日には岡崎市内の企業さんのご厚意で見学会&社長の講話が実現する予定です。