2019年度はどうなりますか?

おはようございます。 岡女レンジャースマイル6です。
先月、平成31年度予算について閣議決定されました。

私たちが大変興味深いのは、経済産業省関係の予算です。
特に中小企業対策に関する部分です。

それによると2019年はものづくり・商業・サービス補助金等による生産性向上・働き方改革として予算がついています。また肝心の事業承継についても記載されています。

http://www.meti.go.jp/main/yosan/yosan_fy2019/

ということで、私たちは年末から着々と勉強会を実施しています。1日目は“ものづくり・商業サービス革新補助金”2日目は“経営力向上計画”3日目は“先端設備等導入計画”私たちのような職員でもどの計画にどんなメリットがあるか、ウッカリ混同してしまいます。金融支援と税務支援がありますが、とても興味関心のある税務を整理してみると。

◇経営力向上計画の承認を得られると

 

◇先端設備等導入計画の承認を得られると
固定資産税の課税基準が3年間にわたって岡崎市の場合は0(ゼロ)になります。

いろいろな情報を一元化して整理整頓してお伝えする、これを大切にしていきます。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。

名前 *
メール *
ウェブサイト